敷地が建ぺい率の異なる地域にまたがる場合の取り扱い

建ぺい率とは建築面積の敷地面積に対する割合のことを指します。これは、都市計画に則って、住居地域、商業地区、工業地区などの用途地域ごとに上限が定めされています。例えば住居地域には、コンビニエンスストアすら建築することが認められていない住宅用地である第一種低層住居専用地域や、カラオケボックスも建築可能な第二種居住地域などがあります。ちなみに居住用の住宅は工業専用地域以外に建てることが出来ます。
この上限が緩和される場合があります。例えば、防火地域内にある耐火建築物(80%以外の地域)では10%加算されます。特定行政庁の指定する角地にある建築物も10%加算されます。またこの2つ両方当てはまる場合には20%加算されます。
その他にも、建ぺい率が80%の地域で防火地域内にある耐火建築物は100%になり、派出所や公衆トイレ、公園や広場などに該当する中で、特定行政庁が安全上支障が認めて許可したものも100%になります。
ただし、土地によっては建ぺい率が異なる地域にまたがっている場合は加重平均方式で計算します。加重平均方式とはそれぞれの地域の建ぺい率に全体の面積割合を乗じ、合計した数値を平均して算出する方法です。建ぺい率とは建築面積の敷地面積に対する割合のことを指します。これは、都市計画に則って、住居地域、商業地区、工業地区などの用途地域ごとに上限が定めされています。例えば住居地域には、コンビニエンスストアすら建築することが認められていない住宅用地である第一種低層住居専用地域や、カラオケボックスも建築可能な第二種居住地域などがあります。ちなみに居住用の住宅は工業専用地域以外に建てることが出来ます。
この上限が緩和される場合があります。例えば、防火地域内にある耐火建築物(80%以外の地域)では10%加算されます。特定行政庁の指定する角地にある建築物も10%加算されます。またこの2つ両方当てはまる場合には20%加算されます。
その他にも、建ぺい率が80%の地域で防火地域内にある耐火建築物は100%になり、派出所や公衆トイレ、公園や広場などに該当する中で、特定行政庁が安全上支障が認めて許可したものも100%になります。
ただし、土地によっては建ぺい率が異なる地域にまたがっている場合は加重平均方式で計算します。加重平均方式とはそれぞれの地域の建ぺい率に全体の面積割合を乗じ、合計した数値を平均して算出する方法です。