建築基準法上の道路

道路には道路法の道路と建築基準法の道路がありますが、道路法による道路とはいわゆる公道のことをいますので、建築基準法に定める道路とは多少異なる部分があります。建築基準法上の道路には道路法に定められた道路の他に私道も含まれることになります。建築基準法では建築物を建築する敷地について、幅員4メートル以上の道路に2メートル以上面していなければならないとする接道義務があります。ですから4メートル以上の幅を原則として、道路法の道路の他に特定行政庁が位置の指定をした道路も含まれるのです。いわゆる位置指定道路と呼ばれているものですが、建築基準法には接道義務があるため基準をクリアしていなければ建築することができませんので、道路に面していない土地の場合には私道を利用して位置の指定をしてもらうことになります。位置指定道路とは接道義務をクリアするために、私有地を道路として認めてもらうことを言いますので、道路法の道路である公道とは性質が異なるのです。建築基準法では道路法の道路の他に、位置指定道路や都市計画法などその他の法律による道路も含まれているのです。接道義務では古い町並みでは基準を満たしていない場合がありますが、その場合には特定行政庁が道路中心線からの水平距離を指定している場合があります。