建ぺい率の求め方

土地を購入する時、建売住宅を購入した時、その物件の広告などには用途地域、敷地面積や建築面積と言ったものが明記されています。

建売住宅を購入した場合には、既に建物が建築されていますが、その家を建て替える時などにこれらの情報は建築物における規制でもあるので知識として得ておくことが大切です。

土地と言うものには建物をいっぱいに建築をしてはならない決まりが有ります。
これは火災の時の貰い火などの問題、隣の家への日照権の問題など様々な諸問題があるからなのです。
そのため、土地にはそれぞれ敷地面積に対する建築面積の割合と言う、建ぺい率が定められています。
この割合は、敷地の面積/建築を行う面積で求めることが出来ます。

尚、この割合が大きい程、敷地いっぱいに建築物を建てることが出来るわけですが、用途地域によりこの割合は変わります。
また、住居を作る目的で利用出来る用途地域の割合は比較的小さく、商業系の用途地域では逆にこの割合が大きくなるのが特徴です。

因みに、容積率と呼ばれるものも広告などに明記されている事が有ります。
これは先ほどの割合とは異なり、建物の延床面積の割合になります。
容積率についても用途地域により定められているもので、この割合が大きいほど大きな家を建築できるという事になります。