建ぺい率の緩和措置

建築物の建築面積の敷地面積に対する割合を「建ぺい率」とよび、都市計画法の規定に基づき、住居地域、商業地域、工業地域などの用途地域ごとにその上限が決められています。
この規制は、建築物によって日照、通風が妨げられたり、防火上の危険が及ぶことを防ぐために必要なものですが、こうしたおそれのない一定の基準を満たす場合については、法律で建ぺい率の規制を緩和し、土地を有効利用できることとされています。
例えば、防火地域内にある耐火建築物については、原則として、用途地域で定められた建ぺい率に10パーセントを加えることが可能です。この「防火地域」は、用途地域に重ねて設定されるもので、この地域内にある地階を含む3階建て以上、延べ面積100平方メートル超の建物は、鉄筋コンクリートなどの耐火建築物にしなければならないとされています。通常のものより建築コストがかさむため、そのコストとの兼ね合いといえます。
また、建築する場所の特定行政庁が指定する角地についても、同様に通常の建ぺい率に10パーセントを加えることが可能です。ただし、単に敷地の2方向が道路に面していればよいのではなく、あくまでも特定行政庁が指定することが必要で、都道府県の条例の規定などにより、道路に接する部分の長さが敷地に対して一定以上でなければならないなどの細かな制限があります。建築物の建築面積の敷地面積に対する割合を「建ぺい率」とよび、都市計画法の規定に基づき、住居地域、商業地域、工業地域などの用途地域ごとにその上限が決められています。
この規制は、建築物によって日照、通風が妨げられたり、防火上の危険が及ぶことを防ぐために必要なものですが、こうしたおそれのない一定の基準を満たす場合については、法律で建ぺい率の規制を緩和し、土地を有効利用できることとされています。
例えば、防火地域内にある耐火建築物については、原則として、用途地域で定められた建ぺい率に10パーセントを加えることが可能です。この「防火地域」は、用途地域に重ねて設定されるもので、この地域内にある地階を含む3階建て以上、延べ面積100平方メートル超の建物は、鉄筋コンクリートなどの耐火建築物にしなければならないとされています。通常のものより建築コストがかさむため、そのコストとの兼ね合いといえます。
また、建築する場所の特定行政庁が指定する角地についても、同様に通常の建ぺい率に10パーセントを加えることが可能です。ただし、単に敷地の2方向が道路に面していればよいのではなく、あくまでも特定行政庁が指定することが必要で、都道府県の条例の規定などにより、道路に接する部分の長さが敷地に対して一定以上でなければならないなどの細かな制限があります。