道路に関する規制

一般的に用いられている道路は、建築基準法によって定義されています。具体的には、この法律の第43条に記述があります。一部抜粋すると、国道・県道・市街地道や様々な法律によって決められたもの・幅員4m以上と具体的な数値が関連付けされているもの等の10項目以上に分けられています。但し、自動車専用道はこの法律に適用されていません。
日本全国では年間で多くの交通事故が発生しています。その場所の多くは、上記で上げたような場所が大半を占めます。その為、防火の観点から様々な規制が施されています。交通事故によって漏れた燃料に引火し火災が発生します。自動車専用道では、この危険性からその周辺に住宅を建てることが出来ない規制を敷いています。
建築基準法で定められている場所の幅員は最低でも4m以上とあります。これは、発生した火災が燃え広がることを未然に防止するためです。十分な幅を取ることで、事故発生後の円滑な鎮火にも貢献しています。
又、一般的な国道や県道・市街地道はアスファルトで固められており、これは燃えることのない素材を用いることで防火対策をしていることも理由の一つです。これらの規制は予め法律内で決められているので、適用されない場合は工事を行うことが出来ません。一般的に用いられている道路は、建築基準法によって定義されています。具体的には、この法律の第43条に記述があります。一部抜粋すると、国道・県道・市街地道や様々な法律によって決められたもの・幅員4m以上と具体的な数値が関連付けされているもの等の10項目以上に分けられています。但し、自動車専用道はこの法律に適用されていません。
日本全国では年間で多くの交通事故が発生しています。その場所の多くは、上記で上げたような場所が大半を占めます。その為、防火の観点から様々な規制が施されています。交通事故によって漏れた燃料に引火し火災が発生します。自動車専用道では、この危険性からその周辺に住宅を建てることが出来ない規制を敷いています。
建築基準法で定められている場所の幅員は最低でも4m以上とあります。これは、発生した火災が燃え広がることを未然に防止するためです。十分な幅を取ることで、事故発生後の円滑な鎮火にも貢献しています。
又、一般的な国道や県道・市街地道はアスファルトで固められており、これは燃えることのない素材を用いることで防火対策をしていることも理由の一つです。これらの規制は予め法律内で決められているので、適用されない場合は工事を行うことが出来ません。