未分類

敷地が建ぺい率の異なる地域にまたがる場合の取り扱い

建ぺい率とは建築面積の敷地面積に対する割合のことを指します。これは、都市計画に則って、住居地域、商業地区、工業 […]


建ぺい率の緩和措置

建築物の建築面積の敷地面積に対する割合を「建ぺい率」とよび、都市計画法の規定に基づき、住居地域、商業地域、工業 […]


建築基準法上の道路

道路には道路法の道路と建築基準法の道路がありますが、道路法による道路とはいわゆる公道のことをいますので、建築基 […]


道路に関する規制

一般的に用いられている道路は、建築基準法によって定義されています。具体的には、この法律の第43条に記述がありま […]


建ぺい率の求め方

土地を購入する時、建売住宅を購入した時、その物件の広告などには用途地域、敷地面積や建築面積と言ったものが明記さ […]


商業系地域と工業系地域

都市計画区域のうち、市街化区域としてしていされた区域では利用目的・建築物の建設に対して制限がかけられます。 こ […]


第一種低層住居専用地域と第二種低層住居専用地域

土地と言うものにはそれぞれ用途地域と言うものが在ります。 用途地域と言うのは、土地をどのような目的で利用するの […]


用途地域と用途制限

都市計画法に基づき指定された、市街化区域ではさらに細かく利用目的に応じた12種類の用途の地域に分けれることにな […]


接道義務とは

都市計画区域は、人が暮らしやすい街づくりを行う目的で区域を定め、整備を積極的に行っていく区域の事を意味していま […]